井の中の中井、世界を知らず

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜行バスで寝れない人間は人生損している

 

◆夜行バスで寝れない人間は人生損している

 

僕は夜行バスで寝れない。これによって1年で数万円単位で損をしている。

 

夜行バスのメリットと言えばその安さである。

 

東京―大阪間で片道でみると

新幹線:15000円ほど

夜行バス:6000円ほど(探せばもっと安いのもある)

 

夜行バスやっす。

同じ距離を移動するのに9000円も違う。

 

僕は関東の出身だけど今は関西で働いていて、年4回大阪→東京に新幹線を使って帰省している。

その新幹線から夜行バスに切り替えると、9000円×2(往復)×4回=72000円 浮く。

年一で新型iPhone買えるじゃん。

 

まぁ当然のことながら安いものには安いものなりのデメリットもある。

それは時間がかかるということ。

新幹線:3時間半ほど

夜行バス:9時間ほど

 

だから9000円/5.5時間=1636円、より自分の給料を自給換算したものより高ければ新幹線、低ければ夜行バスの方が得、という風に考えることもできる。

 

でもね、夜行バスで使う時間はね、寝ている時の時間なんだよね。

もともと何も作業できない時間なわけじゃん?

寝てるとき何してるよ?

どうせ意味不明な夢見てるだけよ。

夜行バスは夜寝ている間に移動することによって、デメリットである「時間がかかる」を消している。

 

お、じゃあ使えない時間を使って移動できる夜行バス最強じゃん!

 

ってなるかバーーーーーーーーーーーーーカ!

 

これって「夜行バスで寝れること」が前提条件なわけ。

寝れるからデメリットを打ち消せる。

つまり寝れないと、そのままデメリットを喰らう。

 

 

◆寝れないんだわ

もうね、まっっっっっっっっっっっっっっっったく寝れない。

アイマスク・耳栓をして外部情報を完全にシャットダウンしても、ネックピロー使って首を固定しても全く寝れない。

というかネックピロー全く仕事をしない。

前後左右にガックンガックン

俺の首を支える気あるのかお前。

 

あまりに役に立たないからマフラーをきつめに首に巻いて首固定してるわ。

 

それでも寝れんけどな!

 

むしろ寝れるやつどうなってるの。一種の才能なの?

スポーツの才能、歌の才能、芸術の才能、演技の才能、夜行バスでしっかり寝れる才能なの?

 

僕も欲しいぞその才能。

1年で76000円稼ぐ(浮かせる)才能。