井の中の中井、世界を知らず

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エレベータの開ボタンを押すのは下っ端のお仕事です

 

エレベータから人が出るとき、開ボタンを押し続ける場合があるじゃん?

これって何のためにするかというと、勿論エレベータから人が降りきる前にドアが閉まるのを防ぐためにある。

10人が同じ階で降りようと思ったら、誰かが開ボタンを押さないかぎり誰かがドアに挟まれる。

 

つまり、つまりよ?

 

人数が少ないときはわざわざ開ボタン押さなくてよくない?

 

なーに当たり前のこと言ってんだってのは分かる。

 

何でこんなこと当たり前のこと言っているのかというと、2人しかいないのに開ボタンを押す人がいるからです。

 

 

僕の職場は6階にある。

 

なのでエレベータを頻繁に使う。1日に5回は使う。

 

後輩、同期、先輩、上司、名も知らぬ目上の人、色んな人が乗る。

 

僕は入社3年目なので会社ピラミッドのほぼ最下層にいる。

カーストで言ったら奴隷なのである。

 

そんな奴隷のエレベータ内でのお仕事と言ったら、ピラミッド上位の方々が気持ちよく自分の階に降りれるように開ボタンを押し続けること。

 

これは仕方ないし別に嫌でもない。

 

逆に目上の人に開ボタンを押させてしまうと若干申し訳ない気持ちにすらなる。

 

僕と目上の人の2人だけでエレベータに乗ることがある。

降りる階は一緒。

 

エレベータの中に2人しかいないからさ、開ボタン押さなくてもいいって思うじゃん?

だから僕は開ボタンの前にすら立たないでエレベータの奥に行く。

ドア開いたら先に降りてもらってから自分が降りればいいって考えてる。

 

でもさ、たまに開ボタン押して「僕に先どうぞ」ってしてくれる人がいるのね。

 

いやいやいやいや、早く降りて?

 

押してくれる気遣いはありがたいよ?

でも、その気遣いはいらないよ?

逆に気を遣わせてるよ?

 

目上の人に開ボタン押させて一人先に出てくる若造になってるよ僕

 

これ目上の人にやられると逆に自分の礼儀がなってないんじゃないかって気になる。

「すみません」って一言いってから降りる。

何で謝ってるの僕。

 

2人しかいないんだから先に降りればいいじゃんよー

そしたら次僕降りるからさー